ラブラドールレトリーバーの噛み癖のしつけ方のポイントをご紹介。

噛み癖のしつけ方

噛み癖のしつけにはとてもお勧めです

ラブラドールレトリーバーは他の犬種に比べて顎がとても強いですので、その顎で他人を噛んでしまったら大変危険です。

よく犬は気まぐれで噛むなどと言いますし、消毒さえちょっとすればすぐに治ると思っていても、なかなか治らない場合も考えられます。

また痛みもありますし、腫れが引いてもぶり返してしまったり、夜も眠れないくらいになるとますます大変です。咬傷事故を起こしてしまったら、もちろん飼い主の責任です。

被害者に応急処置をはじめ、病院を受診して治療を受けてもらわなければなりません。ラブラドールレトリーバーはもともと温厚な犬ですから、そう事故は起こらないとは思います。

また噛んでも本当に戦おうとしているわけではなく、気まぐれだったり、多少興奮気味になっているケースがほとんどです。努力次第でもちろん治すことも可能です。

まず噛んでいる時に騒ぐのはよくありません。それだけ飼い主さんが注目していると勘違いしてしまいますので、冷静に対処することが求められます。

噛むことは駄目なことであり、飼い主さんも困ってしまうと教えてあげることも大事ですし、ラブラドールレトリーバーが嫌がるようなことを噛んだ瞬間に実行するのもコツです。

ラブラドールレトリーバーの歯が生え変わる時期になると、むずがゆいような感じで噛むことがあります。この時期は叱ってもしょうがないかもしれませんが、人の手を噛んだりするとやはり危険です。

叱ったり叩いたりしないで、噛まれた手を口のもっと奥まで突っ込んでしまう、ラブラドールレトリーバーは噛めずにかなり嫌がります。そのまま放せば大分記憶も深まりますし、様子を見て大分反省しているようであれば成功です。

噛み癖もできるだけラブラドールレトリーバーが子犬のうちからどんどんしつけていくことが大切です。コミュニケーションを取りながら、トイレや吠え癖などもしつけなければならず大変ですが、成犬になってからではますますやっかいになっていきます。

もしあなたがラブラドールレトリーバーの噛み癖のしつけで困っているのであれば、遠藤和博先生のしつけ教材を一度実践することをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じように、ラブラドールレトリーバーの噛み癖のしつけで困っていた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間で素直に言うことを聞く、ラブラドールレトリーバーにすることに成功しています。

ですので、あなたも遠藤先生のしつけ教材を実践すれば、短期間で素直に言うことを聞く、ラブラドールレトリーバーにすることが出来ると思いますので、噛み癖のしつけで困っている方は下記より詳細は今すぐ確認することをお薦め致します。