ラブラドールレトリーバーを購入するときの選び方や注意点についてお伝えしています。

購入時の選び方や注意点

ラブラドールレトリーバーを購入するときのポイントや選び方と注意点をお話ししています

犬を選ぶ際、都会の集合住宅などでは小型犬がいいだろう、思う方が多いようです。

しかし小型犬は無駄吠えが多いこともあり、近隣トラブルになってしまうこともよくあります。

そのようなトラブルを避けるために、わざと大型犬を選ぶという方も多くいます。

例えばラブラドールレトリーバーもこのタイプで、穏やかでおとなしい性格がとても魅力的です。ではラブラドールレトリーバーを購入する際、どのような基準で選ぶことが良いのでしょうか。

まず子犬に直接会ってみて、より積極的にアプローチしてくるラブラドールレトリーバーが理想です。また体格も病気がちかどうか、がっちりしているほうが理想的ですし、足についても関節の形成がよくないと病気になる可能性がありますので、まっすぐなタイプが理想です。

ニオイがあると皮膚の病気や胃腸の病気なども疑われますし、耳が汚れている場合も外耳炎などが心配です。ラブラドールレトリーバーをどこで購入するかについてはやはりブリーダーさんが一番お薦めです。

またブリーダーさんにもよりけりなところがあり、生活する場所、環境は清潔かどうか、例えばラブラドールレトリーバーが育てらている場所が不衛生だったり、汚れたままでは病気に対する意識も低いと言えます。

血統が高い場合ももちろん、犬には完璧なものはいませんので、短所が何なのかを見極めることも大切です。これもブリーダーさんがしっかり把握している場合とそうでない場合があります。遺伝性の病気についてもしっかり教えてもらえるようなところが相応しいといえます。

また初心者に多いのがアフターケアの不足です。ブリーダーさんでもペットショップでもアフターケアが万全でないと獣医さんに頼ったりして時間もかかってしまいますので、メール等でもしっかりサポートしてもらえることが大切です。

親犬を見せてもらえればどんなタイプに育っていくかがだいたい分かりますし、中には出産から引退した犬を放置してしまっているようなところもあります。

このようなブリーダーさんは育てる上での意識に問題があるケースもあり、やはり信頼できるとは言えませんので、いくらブリーダーさんだからといってもすぐに信頼するのではなく、慎重に選んでいくことが大切です。