ラブラドールレトリーバーの正しい留守番方法をお伝えしています。

留守番方法

ラブラドールレトリーバーを留守番に慣れさせるためには、子犬のうちからしつけることがポイントです。

犬は元来群れで行動する生き物であり、1人で留守番することはなかなか初めは難しいですが、慣れればどんな犬種でもできるようになります。

またラブラドールレトリーバーは穏やかな性格ですし、吠えるようなこともなくしっかりと留守番してくれるはずです。

ラブラドールレトリーバーは無駄吠えも少なめですし、飼い主に慣れれば大好きになって1人でいても大人しくするはずです。

また運動不足はいけません。室内に閉じこもりっぱなしで、夜遅く帰ってくるような場合は、ラブラドールレトリーバーのストレスが溜まって、飼い主がいない間に悪いことをしでかす恐れもありますので、普段からケアできる時間をしっかり確保することが大切です。

いきなり出て行って長い時間帰ってこないなどの場合は、トイレを散らかしたり他にも噛んだりしてイタズラするかもしれません。まず最初は慣れさせるために、短い時間から開始するのがコツです。

5分程度留守にしてみてどのような反応を起こすか、何か粗相をしたらラブラドールレトリーバーにはかまわずそそくさと片付けてしまい、そのまま料理をしたり自然に慣らすことです。

また帰宅したときに、ラブラドールレトリーバーが歓びのあまり興奮しているような場合でも、すぐにかまってあげたり一緒に遊び出すのではなく、落ち着いて普段の状況に戻ってからコミュニケーションをとり始めるのがポイントです。

すぐにかまってあげたりすると、さらに興奮が高まってしまい、後々も感情コントロールが苦手なラブラドールレトリーバーになってしまう可能性が大ですので、帰宅直後のかまいすぎには要注意です。

もしあなたのラブラドールレトリーバーがなかなかいい子に留守番をしてくれないと悩んでいるのであれば、遠藤和博先生のしつけ教材を一度実践することをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じように、ラブラドールレトリーバーのしつけで困っていた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間で素直に何でも言うことを聞く、ラブラドールレトリーバーにすることに成功しています。

ですので、あなたも遠藤先生のしつけ教材を実践すれば、短期間で素直に言うことを聞く、ラブラドールレトリーバーにすることが出来ると思いますので、しつけで困っている方は下記より詳細は今すぐ確認することをお薦め致します。