ラブラドールレトリーバーの無駄吠えのしつけ方のコツをお話ししています。

無駄吠えのしつけ方

ラブラドールレトリーバーが無駄吠えを始めてしまうと、声がかなり大きいですので、近所迷惑に発展しまうことがあります。また無駄吠えといってもやはり原因は様々です。

ラブラドールレトリーバーが何かに怯えているような場合もあれば、退屈で何もすることがなく、ストレスを発散するために吠えている場合もあります。また不審者を威嚇していたり、何かを要求していたりもします。

まず怯えているのであればその原因を取り除くことが大切です。またストレスにはやはり玩具がマッチしています。飼い主さんに何かして欲しい、と甘えているような場合は騒いだり怒ったりすると逆効果ですので、そのまま何もしないで無視するのが一番です。

よくあるのが突然玄関のチャイムがなって吠えてしまうケースですが、ラブラドールレトリーバーにとっては自分のテリトリーを脅かされることに対する不満の表れです。

元々ラブラドールレトリーバーは、テリトリーの意識が強い犬ですから、来客でも吠えるのはごく自然と言えますが、まず徐々に慣れさせていくことです。初めから完璧に止めさせるのはかなり難しいですので、来客があるたびにしっかりとしつけることです。

忙しい時間に騒いでしまう場合は、サークルなどの場所に入れておいて、おやつをあげておくと役立ちます。チャイムが鳴った場合も好きなおやつをあげて、鳴れば悪いことは無いと覚えさせることです。

飼い主さんがリーダーであることを自覚することは大切ですが、怒ったり体罰を与えたりといった過激なしつけはつつしみ、また甘やかしすぎることもよくないと念頭に置くことも大切です。

黙って無視したりするほうが疲れるという方もいますが、ラブラドールレトリーバーの気持ちを考えながら行動するのが一番だと思います。散歩やドッグスポーツなども取り入れて、上手くラブラドールレトリーバーと付き合っていくことです。

もしあなたが、ラブラドールレトリーバーの無駄吠えのしつけで困っているのであれば、下記でご紹介している先生方のしつけ教材を一度実践することをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

ですので、あなたも下記のしつけ教材を実践すれば、短期間で何でも素直に言うことを聞く、ラブラドールレトリーバーにすることができると思いますので、しつけで困っている方は、下記より詳細を今すぐ確認してみることをお薦め致します。