ラブラドールレトリーバーのだいたいの価格帯についてお伝えしております。

価格について

ラブラドールレトリーバーの価格は、まず毛色によって変わってきます。たとえばイエローは高く、ブラックやチョコレート等はそれよりも安めになります。

アメリカの大統領は1997年にチョコレートのラブラドールレトリーバーを飼いはじめ、この頃に値段は高くなったと言われますから、やはり流行によるところもあります。

また性別はどうかといえば、メスのラブラドールレトリーバーのほうが高い場合が多くなります。

やはり繁殖の目的があればメスのほうが貴重ですし、メスはオスよりも性格的に大人しめです。あるいは体格が大きいラブラドールレトリーバーも人気がありますので、この点ではオスが優位です。

他にはもちろん血統もあればスタイルや顔つきなどもあります。バランスが取れていればそれだけ高くなりますし、ブリーダーさんの育てる環境や育て方にもよります。価格そのものは10万円から20万円台が相場となっています。

また血統などによって100万円する時もあり、やはり人気がある時期は一番高い時期と言えます。もちろん購入する場合の費用だけではなく、ランニングコストも計算しなければなりませんが、ラブラドールレトリーバーは大型ですので、それなりに高くなりがちです。

ラブラドールレトリーバーは食事も量が多く、予防のための薬剤についても高い、またハウスも大きめで、他にはおやつやシーツ類、おもちゃなども必要です。

他にはワクチンなどがありますが、狂犬病予防注射として定められているのが年1回、費用は3千円程度となり、混合ワクチンは1歳以降は年に1回で6千円程度かかります。

ノミ対策としては年に1回で3千円程度など、こちらもバカにできる価格ではないと思います。ドッグフードを考えてみると普通サイズのラブラドールレトリーバーで1ヶ月で10キロ程度はたいらげてしまうと思います。

ドッグフードはリーズナブルなものが理想なのはわかりますが、やはり健康を考えたものを与えたいのも飼い主さんの本心です。

総じて大型犬ということをまず念頭に入れて費用を考えるのが理想です。多少は余裕を持って見積もっておくことも大切だと思います。