ラブラドールレトリーバーのトイレのしつけ方でお困りの方はこちらを参照してください。

トイレのしつけ方

ラブラドールレトリーバーは大人しくて世話もあまりかからないとよく言われます。

しかしトイレの世話などは、ラブラドールレトリーバーが子犬のうちからしっかりとしつけないと、成犬になっても間違えてしまうことはよくあります。

また犬は元々キレイ好きな生き物ですから、トイレを覚えさえすればしっかり用を足します。まず飼い主さんがすべきことは、しっかりと誘導してあげることです。

ラブラドールレトリーバーは子犬の時、寝起き時や食後、運動後などによく用をしたがります。またソワソワとしたりクルクル回ったりしますので、そのような行動を始めた時は飼い主さんがしっかりと誘導してあげるようにします。ニオイがつけば同じ場所でするようになるものです。

またトイレの場所は頻繁に変えないことが大切です。何回も変えたりすると、ラブラドールレトリーバーは場所がわからなくなってしまいます。

また失敗しても怒ってしまうのは逆効果です。飼い主さんが好きで構ってくれていると勘違いしてしまいます。そうなると今度はわざと間違える可能性も大です。ラブラドールレトリーバーの目を見ながら悲しい顔をしたり、困った顔をするとやはり効果があります。

また間違えないでしっかりできた時には、ラブラドールレトリーバーをしっかりと褒めてあげることも大切です。場所を覚えてここにすれば褒めてもらえる、と判断でき、繰り返し褒めてもらえるように率先して同じ場所を探すようになります。

トイレの覚え方はラブラドールレトリーバーの個体によって速度が違いますので、諦めないでしつけることが大切です。飼い主さんもラブラドールレトリーバーが大きな体になってくると疲れますので、子犬のうちからがしつけは基本です。

ごく稀にですが、ストレスが溜まってしまった場合、トイレに失敗することがあります。雨が連日降って散歩に行けないなどの場合も要注意です。原因をしっかり判断して対処すれば、どんどん慣れてくると思います。

もしあなたがラブラドールレトリーバーのトイレのしつけで困っているようであれば、下記でご紹介している先生方のしつけ教材を一度実践することをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じように、ラブラドールレトリーバーのトイレのしつけで困っていた延べ10000人近い飼い主さん達が、下記のしつけ教材のやり方を実践したところ、短期間で素直に言うことを聞くお利口なワンちゃんにすることができています。

ですので、あなたも下記の教材のしつけのやり方を実践すれば、短期間で素直に言うことを聞く、ラブラドールレトリーバーにすることができると思いますので、トイレのしつけで困っている方は、下記より詳細を確認することをお薦め致します。